怪談でお馴染み 稲川淳二公式サイト

近況報告 2014-2015

2015年 終わりに・・・。

今年ももうねぇ、暮れようとしていますがねえ。

自分なりにはねぇ、一所懸命やっているつもりなんですが、それはもうツアーの始まる前から、準備しなくちゃいけませんから、けっこう忙しい。
そして、ツアーの前にはキャンペーンがありますからねー。パブリシティ関係ですよねー。これもかなりの数、回るんですよー。実際、この段階でそうとう疲れてしまうんですが、そのちょうど最高潮に盛り上がったところで、いよいよ! ツアーが開始になるんですよ!
それでもう一度、気合入れてがんばるんです。気合を入れなおしてね。ところがねえ、ミステリーナイトツアーも中盤になると、疲れてくるかというと、そうではないんだ。むしろ逆に、自分的にはエンジンがかかってきて、だんだんだんだん調子がよくなってくるんです。
ノッてくるんだ。
そうして、「あぁ、もう十月かぁー」と思って、十月の半ば過ぎると、「今年の夏のツアーも無事終了かな…」って、思ってると、いろんな仕事がたまっている…。それで、それをあれこれ必死でこなしていると、あっという間に今度は冬のライヴの時期ですよ…。
まあねえ、毎年毎年がねえ、例年、こんな調子ですよねえ。今年も冬のライヴを終えて、新しい年に備えようと思っています。
どうぞ、来年もよろしくお付き合いください。
来年もよろしくお願いしますよ!!

2015年 12月 up

季節が変わってですね、穏やかな、木々の色も変わってきてますねー。
皆さん、お変りありませんか? 稲川淳二です。

つい此の間まで、エアコンつけてたような気がしますが、

もう10月も終ろうとしてますね。
私のツアーの夏も、10月24日の夜明けをもってゴールを迎えました。
今年ももうねえ、ファンの皆さん、そして私を取り巻く皆さんへ、感謝でいっぱいです。感謝しかない。
私をここまで引き立ててくださった皆さんに、熱い声援で怪場を盛り上げて下さったファンの皆さんに、心から感謝でいっぱいです。
スタートの時には、先が遠く感じられるんですが、
始まってしまうと、今年もあっという間の夏でした。
もうちょっと、皆さんと一緒にいたかったなァ・・・
こんなにいい時間を私にくれてる皆さんに、「どうやってお礼をしようかな」って、思いますよ。
それはもう私がこの頑張ってる姿を、あと三十年は続けていかなくっちゃいけないんじゃないかと(笑)、そんなふうにも思っていますよねー。
出来れば また、冬のライブで会って下さいね。
冬のライブも、頑張りますよー!!!

2015年 10月 up

こんにちは、稲川淳二です。
お変わりありませんか?
気がつけば、もう6月から7月へ、
5月になって、今年は2年に一度の「神田祭り」で最高に盛り上がって、
で、6月になって毎年恒例の「稲川まつり」で賑やかに楽しいく過ごして、
私の気持ちのギアが、ローからセカンド、サード、トップと、グアァァァ――――! と上がってくるわけですよー。
不思議なもんですよー。いよいよ皆さんとお会いできるという嬉しさと、いよいよ本番が近づく……という緊張感でねえ、
ある意味、とても気持ちのいい、嬉しい時間である反面、
結構、意外とねえプレッシャーくったりするんですよねー。
でも、ウカウカとはしてらんない。
もうすぐそこですよ、「あの夏」はねえ……。
今年もそんなわけで目いっぱい力を入れてますが、
今年のミステリーナイトツアー、どういうお話があるのかというと、
身近なお話もあるんですが、だんだんだんだんと輪郭が見えてくる怖さという……、そういう状況の怖さの話もありますし……。
もうずいぶん前からぜんぜんまとまらない話、皆さんの前でお話できなかったものが、ついにというか、いよいよお話しするときがきた。そういう話もあるんですよ……。
もうこれ以上は、内容は申し上げられないんだけれども……。
なんだか気を持たせるようですけどね、ここから先は、本番でお話しますよ……
ミステリーナイトツアーも、ファンクラブも、「稲川まつり」も、みーんな皆さんがつくってくれて、心から私も皆さんと時間を共有できる、素晴らしい場を提供していただいてます。感謝してます。
今年も精一杯頑張りますので、どうか皆さん、怪談ジジイにお付き合いくださいね!
いい夏にしましょうね!

2015年 7月 up

陽春の候、みなさんお変りありませんか?
事務所前の中野通りの桜並木に、ピンク色の提灯が並びました。
夜の闇に灯(とも)る明かりの美しさは、実に幻想的な春の宵(よい)といった風情ですね。
かるく一杯ひっかけて、春の夜風に吹かれ乍ら、明かりの下を
ほろよい気分で歩くのも、また乙(おつ)なもんですが
ふっと、・・・散る桜 残る桜も 散る桜・・・なんて思うのも
歳のせいでしょうかね。
昼は満開の艶(あで)やかさ、ひんやりとした夜の桜の寂しさと静けさ
風に舞う桜吹雪の潔(いさぎよ)い散(ち)り際(ぎわ)に、死に際を重ね合せる日本人の心情。
とにも、かくにも、今年も春を迎えています。
日足もぐーんと延びて
明かるい陽射しに、色彩が溢(あふ)れて
辺りが俄(にわか)に賑(にぎ)わってきましたよ。
もう、それだけで嬉しい気分になりますよね。
暗く長い冬のトンネルを抜(ぬ)けると、瞬く間に春を通過して
その先に初夏が見えてくるんです。
私は今年のツアーの準備に入りましたよ。
心霊探訪も大詰め
あとは工房での作業が待ってます。
ここから先が、大変なんですよね。
でもやりますよ。 みなさんが応援してくれるから。
勿論。今年も嬉んでいただきまーす。

2015年 3月 up

皆さん、明けましておめでとうございます。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
いやー、新しい年が明けましたねー。
まあ、ほんと、めぐるましいというか、慌ただしいというか、忙しい一年でしたよー、昨年は。
でも、なんだかとっても楽しかった。本当に楽しかったなぁ……。
今年もねえ、いい忙しさ、いい楽しさ、楽しく過ごせる忙しい一年になってくれればと、そう思っていますよー。
でも、まさか、まさかねえ…。2014年よりも忙しい一年となるんじゃないかと、内心怯えてもいますけどねー(笑)
今年も頑張りますよー。
張り切っていきますからねー皆さん。全世界の皆さん、今年も何卒宜しくお願い申し上げます。
そして応援、よろしくお願いしますよ!!

2015年 1月 up

みなさん、ありがとうございました。
稲川淳二です。
おかげさまで、冬のライブツアーも無事に、千秋楽を迎えることが出来ました。
今年も残すところあと数日。
皆さんも、師走でなにかと忙しいですよね。
さて、私は休む間もなく、あるCMの撮影です。
そして、これからが忙しさ本番。
来年に向けての、DVD・CD・本etc、とやる事ばかりです。
お正月休みをいただきたいのですがねぇ・・・・・!
終えると夏のツアーの準備と、もうかれこれ20数年こんな感じですよ。
今年もファンの皆さんといい怪談、いい時間を過ごせて、ほんとに、幸せでした。
いつまでも、このいい時間がつづいてくれればと思います。
本当に感謝でいっぱいです、ありがとうございます。
来年も、もっといいお話をご紹介できたらと思ってます。
みなさん、よいお年をお迎えくださいね。

2014年 12月 up

みなさん、お変りないですか?
稲川淳二です。
めっきりと冷え込んできましたね。
長かった夏の全国ツアーも、10月25日のクラブチッタ川崎のオールナイト公演をもって、締め括りとなりました。
今年は、映画撮影に、ツアーキャンペーンのTV、ラジオ、新聞、雑誌といった出演、取材が124本 そして「怪談ぱちんこ CR稲川淳二」の発表に、劇場版映画「かたりべ」の、各地上映会での舞台挨拶とあって慌しいうちに、怪談ナイト本番に突入ですから、息つく暇も無かったですね。
気が付けば、秋も深まってました。
で、また、冬のライブの準備に入ります。
やっぱり、みなさんに会いたいから・・・

2014年 11月 up

皆さん、おかわりないでしょうか?
稲川淳二です。
今年はもうなにしろ4月ぐらいから、私、休んだことないんですよねー。
まずこんなに忙しい年もめったにないでしょうねえ。毎年、キャンペーンで全国を回りますが、今年はねえ特に凄いというか、大変だったんです。
でも頑張ってやってますから、ご安心ください。中にはねえ、2012年の手術後、いろいろと気にかけてくださる方がいらっしゃって、私も恐縮してます。
本当に有難う。でも今はもう大丈夫ですから。
今回のセット、なんとね、昔の映画館ですよ……。
これもすごくノスタルジックですよ。昔を知っている方には、「あぁ~懐かしいな」と思っていただけると思うんです。
ところがですねえ、今年はそれだけじゃあない…。
というのは、この映画館のセットに
「出てくる」
んですよねえ……。
これからのツアー後半戦も、頑張っていきますから、皆さん応援よろしくお願いしますよー!
そして、いよいよ私の映画、劇場版「かたりべ」が9月に上映ですけどねー。
舞台でやっている自分、そして映像でやっている自分も楽しんでもらえたらなあと思ってます。と同時に! これまた「怪談パチンコCR 稲川淳二 怪談ナイト」が出るんですねー。ついにというか、パチンコ業界初登場ですよ。
ですからねえ、少し生意気なこと言うようですけど、今年の秋はねえ、私の怪談と私の「怪談パチンコ」、そして「怪談新聞」、映画「かたりべ」で、じっくり秋の夜長を過ごしてもらえたら、楽しんでいただけたらと思っているんですよー。
怪談というのは、いつも私言ってることですけど、雪が降って外に出れないときなんか、家の中でおじいちゃんが孫に怖い話をしてあげる。そういう楽しさがあるんですよね。またみんなが集まって、何人もで楽しめるってーいうのも、怖い話のいいところでねえ。そんな懐かしい感じのものが、この「怪談新聞」には入っていますよー。また「ひとだま」も入ってますから…、これでも楽しんでくださ~い。

2014年 9月 up

ありがとうございました
ありがとうございました。
無事に、「第12回稲川まつり」も迎えられました。
楽しい時間、ホントにありがとうございました。
全世界のファンの皆さ~ん、とにかく私は、元気にやっておりますよー。
体力のほうは多少問題がありますけどね、病気はしてませんし。頑張れてます。
一番嬉しいのは、夏のツアーが始まると、あの舞台に出た瞬間に、皆さんが、
「ワアァァァー!」
と声援してくださる、拍手をしてくださる、あの瞬間ですね…。
あの瞬間がたまらなくて、もう胸がいっぱいになるぐらい嬉しいんです……。
こんな幸せを今、体験してるのは、おそらくきっと、この瞬間、自分が世界で一番じゃないかって……。
自分が一番嬉しいんじゃないかって思います。自慢しちゃうんですよね…。
舞台に出てあの声援、あの拍手を聞いたとたん、
「あぁ…やっててよかったなぁ…」
って…いつも思うんだ。
私のファンの方はやっぱり最高ですよ…。いつも私、半ば冗談でね、
「阪神タイガーズのファンと稲川淳二のファンは最高なんだぞ!」
って、言ってるんですけど。私、阪神応援してますし(笑)。
ツアーのパブなんかもねえ、結構キツいんですけど、その向こうに皆さんの顔が見えたから。
だから頑張れるんですよ。それが力になってだから頑張れるんじゃないかなぁ。
人間っていうのはやっぱり、喜ばれたり応援されたりすると、頑張れちゃうものなんですね……。
たいしたもの、食べてなくてもねえ(笑)。
今年もまた皆さんとお会いできる時間が来るんだ。
もうすぐ、ですよね…。
雨が降ったりした後に、まぶしーい空が見えたりするじゃないですか。すると、
「あぁ、確実に夏が来てるんだなあ…」
って、思って、すっごく楽しみです。
皆さんとお会いするのを楽しみに、今年も最高の怪談をご紹介しようと思ってます!

2014年 6月 up

新年のご挨拶

全世界のファンの皆さんへ
明けましておめでとうございます!

おかわりありませんか?
稲川淳二です。
2014年。私にとっては、人生の区切りという意味ではないんですが、いつになくあらたまった気持ちになってます。
私にとっては、いつも夏があって冬がある。
そういう区切りで、毎年、基本的には来てますからねえ—-。
「新しい年だから、何しようか」
というのは、特別ないんです。気負いもないですけど。
でも年々、年々、それが節目となるならば、穏やかーな感じ、豊かーな感じ、そして
「思いやり」のあるそんな一年、そんな新年を迎えたいなあー、過ごしたいなーと、思うんです。
私の場合、年齢という問題がありますよね—-。
でも、それでいいと思うんですよ。人間って永遠に生きるわけじゃあないんだから—-。
これね、別に死を考える、死を思っているわけじゃあないんです。
ようするに、残された時間が少なくなればなるほど、そのぶん、時間を大事にしたいなぁと思うんですよ。
いっそう、大切にしたいと思うんです。
今年もラジオにテレビ、そして「ミステリーナイトツアー」、張り切ってやりますよー。
皆さんと、どっかで必ずお目にかかりたいと思っています。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

2014年 1月 up


page top