怪談広場

 

◆稲川淳二 怪談を語る
最近はねえ、私、古い怪談をひもといてみようかなんて思ってねえ—-。そんなこと考えたりしてるんですよー。
昔読んだものもあって—。もちろん、小泉八雲なんて話もあるし、昔っからの古い話なんていっぱいある。 てーいうのはねえ、最近、なんか怪談が、怪談でなくなってしまうんじゃないかって、そんな思いがしたからでねえ。危機感じゃあないんですけど。日本の本来の怪談、それに私が今まで話してきた怪談って、なんかこう、ねえ、「心」のようなものがあったと思うんですよー・・・・・・・

 

◆掲示板に寄せられた怖い話、不思議な体験をご紹介!
私がまだ中学1年生の頃でした。 レコードがまだまだ頑張っていた、83年の夏のこと。 日曜日、仲の良い女の子と一緒に、カラオケをしていた時でした。
友達が歌い終わって、私が選曲した歌をセットしたその時、近くにあったスピーカーから、『うるさい!』と、おじさんの声が一瞬したんです。・・・・・・・