怪談でお馴染み 稲川淳二公式サイト

近況報告

新年おめでとうございます!

皆さん、お変わりないですか? 稲川淳二です!
私もこの年になってくるとだんだんだんだんとね、感じるものがありますよー。
皮肉な話じゃないんですが、昔から、 「門松は 冥途の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」 なんていいますしね。
そう考えるとだんだん、だんだん残り少ない人生になってきたってことですよねえ。
でもお陰様で、このコロナ禍でも、本当にファンの皆さんからいつもの声援! 頂いてます! 今年は思いっ切り精一杯やって行こうと思っています。 あらためまして、この場をお借りして、皆さんのご多幸をお祈りいたします。
本当に今年も宜しくお願いいたします!!

2021謹賀心念。 私から皆さまへのお年玉です。
皆様からのリクエストに御霊をこめて!
12月のお休みも返上して、年の瀬に収録しました。
懐かしいお話もあります。
どうぞ、稲川怪談で「正月三が日」をお楽しみください。 本日13時公開予定です。
YouTubeチャンネル『稲川淳二メモリアル【遺言】』
もうすぐ、どうぞ楽しみにお待ちください。
それじゃまた。

2021年 1月 up

大変ご無沙汰しております。

みなさん、お元気ですか? 怪談の稲川淳二です。
いやぁ~「死のロード」ツアーキャンペーンも、ようやく終わりましたが、
7月も結構忙しいんです。
1日はテレビの収録と、2日はドラマの収録。と、まぁ忙しくしています。
あっ、そうそう、もう皆さんもご存知かもしれませんが、いやぁ~、嬉しいですね。いやぁ~ホントに、 驚いたなァ、驚いたなァ、驚いたなァ、驚きました。
「トップランナー」に参加できるなんて、この歳になって、そんなことがあるなんて、思わなかったですよ。 長生きするもんですねぇ…。
それもですよ。あの、あの、本田圭佑さんからのお誘いなんですよ。
嬉しいですね~!夢見たいですよ。
みなさんに、喜んでいただけるよう、あれこれ考えております。
永~い、お付合いよろしくお願いします。
詳しくはこちら→「NowVoice」

あっ、それともうひとつ。
出るんです。今日。「ニコ生」に。 出るんですよ?
詳しくはこちら→「稲川淳二のニコ生怪談ナイト」

2020年 7月 up

新しい年を迎えました。

皆さん、お元気ですか!
さあ令和2年ですが。今年もたくさん! やりたいことはたくさんあるんですが、私、最近ふっと思うことがありまして。
年の初めから縁起でもないと言われるかもしれませんが、昔から「門松は冥土の旅の一里塚、めでたくもあり、めでたくもなし」って言いますよね。
自分の一生って皆さんそれぞれ決まってますよね。ですから私は今、自分の一生分の、つまり72年分をもうすでに使っているわけですよね。
そうなるともうこれからは1日1日がすっごく大事なんだ。無駄にはしたくない。
今年も歳に負けずに頑張りますので、どうか皆さんの応援、お願いいたしますよ!
皆さんにとってもよい1年でありますように!!!

2020年 1月 up

年末のご挨拶

これからもどれだけ皆さんと楽しい思い出をつくっていきたい…。ふと、そんなことを考えるような、そんな年頃になりましたよねえ…。
どこの会場も満杯満員なんで本当にうれしい。有難いことですよ…。
そしてさらにうれしいことは、一つの舞台に、ずいぶんと年齢の幅がある皆さんが一緒に喜んでくださってる。こんなうれしいことはありませんよ。
いつも言ってますが、怪談は私だけがつくっているんじゃないです。
皆さんが一緒に怪談をつくってくださってるんですよ。
 私の怪談だけではだめ。間違いなく私だけではなくて、皆さんも、そしてスタッフ全員も一緒につくっているんです。で、毎年毎年楽しいことをつくっていく。
そして、みんながだんだんだんだんと人生を過ごしていく。
みなさんから令和元年も、いい時間をいただきました。
本当にありがとうございます。
2020年も嬉しい時間を共有しましょう。
よいお年をお迎えください。

2019年 12月 up

HPツアー終了のご挨拶&ご案内。

何時の間にか日の暮が早くなって
ひんやりと秋風を感じる頃になってました。
みなさん、お変りないですか?
“よく精根が尽きないなァ”
と、我乍ら感心してます。  稲川淳二です。
今年のミステリーナイトツアーも、10月26日の沖縄那覇公演で終了致しました。
それにしても、ラストの追込みが凄いのなんの。
10月11日から、山口、福岡、宮崎、熊本と、沖縄では、キャンペーンにレコーディングに、 27日が打上げのバーベキューパーティーと28日迄の17泊18日の長丁場。
72歳にしては、どうして、どうして、やるもんでしょ。
これも、何時も応援してくださるみなさんのお蔭です。
本当に心から感謝申し上げます。
ありがとうございます。
11月には大阪で稲川祭り、東京で怪談冬フェス、映像収録と他3つ。
令和元年、どうぞ最後までお付き合いください。
みなさん、本当にありがとうございました。

2019年 10月 up

新年のご挨拶!

新年おめでとうございます!
まあ、例年ねえ、この年初めに思うことは、一年一年ふえるってことだと思えば、それだけの話なんでしょうけどねえ。でも、年の始まりがあるからこそ、
「何か新しいことをしてみよう」
なんて思うわけですよねー。
いよいよ今年は、平成という時代から新しい時代に変わるわけですしねえ。
「新しい時代には、新しい気分でもって、心新たにしてまた頑張ってみたい!」 
今年の夏の「ミステリーナイトツアー」も、また何かしら新しいことができればいいなぁと、昨年のツアーもすごかったんですが、今年の夏も、よりいっそうパワフルにいってみたいなぁと、今から思ってあれこれ考えています。
そして、今年8月になるとまた一つ歳をとるわけですよ!
私がよく言うように、 
「怪談って、心の中にある、日本人のふるさとのようなもの」
なのかもしれません。
怪談って「心のふるさと」なのかもしれないんです。
そんな気持ちを忘れないで、ますます爺さんの艶が出るように、私も目いっぱい頑張っていきたいと思っていますよ!
本当に昨年中も皆さんにお付き合いいただいて、本当にありがとうございました。

2019年 1月 up

は~~~い! お待ちどおォ~~

ミステリーナイトツアーの情報解禁となりましたが・・・・
あっと、ビックリですね。
お元気ですか?  稲川淳二です。
さて、今年は昨年の怪談四半世紀と変らない公演数なんです。
その前のパブリシティ、キャンペーンも、半端じゃないですから、
11月迄、息つく間も無しですね。
まあ、やれる時に何処までやれるか、体力、気力の限界へ挑戦ですがね。
果して、体がもつのか、不安、心配の節もありますが、
ファンのみなさんから、やる気と元気をイッパイいただいてますから、
公演数が多い分だけ、みなさんと嬉しい時間を共有出来ますしね。
只今、夏に向かって、アクセルを踏み込んでまーーす!
会場でお会いしましょうね。 待ってます。

2018年 3月 up

新年のご挨拶!

あけましておめでとうございます。
稲川淳二です。
さあ、素晴らしい一年の始まりですね!
毎年、そう思ってはいるんですがねえ、いやー、やっぱりそういう思いが一番ですよ!
でー、わたし、昨年、古希(70歳)を迎えましてね…。
70になってしまった、とうとうねえ。
以前から、わたし言ってましたけど、
「怪談は70歳からだ」
って言ってたんですよー。そん時はねぇ、でもそれはまだまだずいぶん先のことだと思ってたんです。ところがそんなことはなかった。
まあねえ、あっという間に来ちゃったんだ。70歳に。
いやー、早いもんでしたよー。
あっという間ですよー。
で、これで、わたしもとうとう怪談じいさんになってしまいました。
50、60歳だと、まだまだ怪談のおじさんですが、70歳になると、もうこれはねえ、間違いなく、怪談のおじいさん、になっちゃうんですよねえ。
ふだんは、怪談というと語り口が、若い人よりはおじさん、おじさんよりはおじいさんのほうがねえ、合ってるでしょ? なんとなくね、見上げる感じがあるから。怪談って、聞くほうにとっては、おじいさんの語り口のほうが似合っているわけだ。
ねえ…。これが、いいんですよねえ。
ですから今回からは、稲川淳二あらためまして、稲川淳じぃ、ですよ(笑)。
でもって結構、孫の顔、見ながら語るような感じが一番いいのかもしれません。本当にいつも有難うございます!
皆さんと一緒に、楽しくて魅力のある一年にしましょうね!

2018年 1月 up

年末のご挨拶! お礼!!

ファンの皆様へ
今年は、ほんと凄い、猛烈なスケジュール、仕事量でしたねー。
でもねえ、それも、よーく考えてみたら有難いことですよねー。ええ…。
スガシカオさんにも呼んでいただいて。それも、20年に一度のねえ、フェスティバルに呼ばれるなんてねえ。
あのテレビ番組「情熱大陸」にも出演しましたし、わたしがどうやって怪談をつくっていくのか、私と怪談との結びつき、そういうものや、わたしが思っている心のふるさとのようなもの、そういったものをちゃんと突き詰めてくれましてねえ。本当に有難い取材で、有難い番組でしたよー。
またNHKの番組でも、わたしの怪談のひとつの広がりみたいなものを扱う番組で。いい感じにつくってくれて。
それに、これにはびっくりしました。
あの桑田さんが、わたしをマネて語るんですよ!
なんとねえ、コンサートに呼んでくださったんですよ!
しかも東京ドームですよ!
で、わたし行きましたよ…。行ってきました!
バカでかい大画面に、あの桑田佳祐さんが、白い浴衣着て出てきた!
「あれ!」
と思ってわたし観てたけど、そのセット! あれ? あれって…まさか! あのCM,ピップエレキバンのCMのセットそっくりで、わたしそっくりに語ってる…。
あれはウケたなあ…。
あのスマホッ首のCM、わたしスマホッ首のCMやってたんですが、それそっくりにしてて!
しかもねえ、またうまんいだな! わたしのマネが!
いやぁ、ほんとうにうれしいですよね。
それにしても、正直、今年はかなりきつかったですよ。
仕事の量がはんぱじゃない。本番前から始まって、本番中もほんと、忙しかったんですから……。まぁ、いちいち言ったらきりがないほどですよ。
「こんなことぐらいでへこたれちゃあいけないんだ!」
って思って、頑張りましたよねー。なにしろ50以上の公演があって、それにプラスアルファがあったりすると、人間はもうねえ、まったく何が何だかわからなくなりますよ。
いわゆる無我夢中ってやつです。
ミステリーツアー25周年って、実はわたしがやり続けたわけじゃあなくって、皆さんがわたしを一年一年育ててくれた。だからここまで続いたんじゃないか。続けられたんじゃないかって、あらためて思いましたよね。
わたしを育ててくれた25年。
稲川の怪談を育てたのは、ファンの皆さんだ。つくったのはファンの皆さんなんだと、あらためて実感した。それに心底気づいたと言ったほうがいいかもしれない。
そんな一年だったんです、今年は…。
みなさん、本当にありがとうございました。
どうぞ、よいお年を迎えてください。

2017年 12月 up

謹賀新年 祝! 2017

ファンの皆様へ
お元気ですかー!
2017年が始まりました! いい年にしたいですよね!
本当にそう思いますよ!
ところがねえ、私、残した仕事がまだずいぶんとあるんですよー。
どうやら私には、年末年始はないようですよねー。
まあ2月ごろになれば、少しは落ち着くんじゃないかなあと思うですがねえー。
いやー、「ミステリーナイトツアー」ねぇ、これもとうとう! お蔭様で25周年を迎えることになりました!
ファンの皆さんのお陰ですねー。育てていただきました! 生意気なようですがね、はっきり言って、「稲川怪談」育ててくれたのは皆さんなんだ。皆さんのお陰なんだ。
20周年の時にはね、「怪談の日」なんてものをつくっていただいたのも、皆さんのお陰だったんです。だから本当に有り難いことなんです。
ですから、今年の25周年、「サプライズ」ありますよ!
「えっ!」
って、いうようなことをやりますから! 今から楽しみにしててくださいよー!
今年も頑張っていきますから、応援お願いしますよー! 皆さん!

2017年 1月 up

朝夕の冷え込みが日増しにつのってきましたが
みなさん、お変りありませんか?
稲川淳二です。

集中豪雨に台風と、次々と異常気象に見舞われた今年の夏も過ぎていって
深まる秋の頃となりました。
24年目の全国ツアーも、10月28日深夜から29日早朝にかけての
オールナイト公演で最終となりました。
元気に舞台を務められたのは、ファンのみなさんからの熱い声援のおかげと
心から感謝でいっぱいです。
嬉しい時間を共有させていただきました。 ありがとうございました。

過ぎてしまえば早かったようにも思えますし
7月のスタートの頃を思い返すと、遥か昔の事のようにも感じられます。
また、来年みなさんとお会い出来るのが楽しみです。

2016年 11月 up

稲川淳二です。
いつもホントにねぇ、応援いただいてありがとうございます。
そのねェ、応援していただけるというかなぁ、その力でもって私、頑張れるんですよね。
不思議なもんですね。
そして今年もとうとう、ツアー始まりました。
いやぁ、みなさんの元気のいい顔を見るとねぇ。ホントに力もらいます。
今年、「噺」怖いんですよ!!ホントに結構ねぇ・・・・。
それを、どう表現しようかというのが、私の技量にかかってくるんでしょうけど。
私もそれなりに、24年を迎えたツアーですから、ホントに皆さんに喜んでもらえるよう、精一杯頑張ろうと思ってます。
ただまぁ、本番前のキャンペーン、えらく疲れましたしねぇ。
もういい爺ですからねぇ。でも、私は70からがスタートだと思ってますんで、
今年おおいに頑張って、来年につなげたいですねぇ。
皆さんが応援して下さってるんだから、力をもらって、今年も多いに楽しんでいただこうと思ってます。
怪場でもって皆さんと、怖くて楽しい時間、今年も楽しく共有しましょうねぇ。
お待ちしておりま~す。

2016年 7月 up

新しい年を迎えました。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
旧年中は本当にお世話になりました。
いつも、楽しい時間をいただいて、有難いですねー!
夏のツアーが終わるともう秋がないまま、冬になってしまって。そして新年に入っちゃうんですよねー。
さあ、今年はどうなることかと思うんですけど。
毎年、毎年、皆さんと楽しい時間を過ごせれば、それが一番自分の幸せなんですよ。
本当に有難いことです。こうして私が怪談をできるということは、やはり皆さんのお陰なんです。
昨年は、本当に皆さんと感動的な一年を過ごすことができて、本当に思い出深い一年でしたねー。
ファンの皆さんがこうやって私を盛り上げてくださったから、こうしてやれるんですね。
今年もがんばりますから、皆さんもどうかお体に気をつけて、がんばってください。
今年もよろしくお願いしますよ!!!

2016年 1月 up


page top